デート服装のオキテ!気遣い無用がイイ!!

デートの服装で、正しいのは?
「相手の好みに合わせること。」
もちろん、正解です。
でも、これだけを念頭に選んだのでは、過ちを犯すことも。
どういうことかといえば、ハイヒールの好きな彼氏のために新しい靴を奮発して、ディズニーランドへ出掛けたとしましょう。
歩き疲れるあなた。
あなたを気遣って、疲れ果てる彼氏。
付き合いの浅いカップルに見られそうな失敗ですね。
こんな時には、もちろんスニーカーで元気いっぱいの魅力ある笑顔を魅せるのが必勝法。
TPOを誤る、即ち自業自得に陥ります。

 

では、いずれの場合にも間違いのないデート服を選ぶには、どのようなポイントを押さえるべきなのでしょうか?
それは、「自分が我慢せずに済む服装」ということです。
例えば、冬季デートにお似合いのイルミネーションスポット。
「イルミネーションを観てから素敵なレストランでディナー」の場合はどうでしょう。
まず、この企画を考えた彼氏は、あなたに喜んで欲しいと思っていることを忘れてはなりません。
だから、「寒いから、早めにレストランに行きたい」なんて、残念な言葉は絶対にタブー。
「二人でいつまでも見ていたいけど、そろそろ行く?」と、彼氏から聞かれるまで堪能できたら、完璧。
彼氏は、自分の企画力に安心し、あなたを喜ばせたことに安堵することでしょう。
「レストランに行くのに、暖かい格好はどうなの?」
確かに、その通りです。
でも、いまはファッション性に長けたアイテムはいくらでもあるはず。
薄着に見えるインナーや、温感タイツ。
それから、“首”を暖めると断然効果がアップします。
それは、マフラーであったり、手首を温める手袋であったり、足首を温めるブーツであったり。
これらのアイテムを上手くコーディネートすれば、寒さに震えるデートにコリゴリなんて、ありえません。
レストランでも身軽且つオシャレに変身できます。

 

寒さの中、季節感ゼロの服装で粋にキメてる女性が最上な訳ではありません。
あくまでも、二人で心ゆくまで楽しめる服装を選べる器量こそが、ポイントなのです。

 

デートの服装はバランスが大切

 

デートの服装は、メイクや靴・小物とのバランスが大切であります。

 

統一感がないコーディネイトは、不快感を与える場合もあるでしょう。

 

自身の趣味だからと場の雰囲気にそぐわないものを選択とすることは、空気の読めない人などとマイナスのイメージを与えることもあるでしょう。

 

ケースバイケースが大切であり、自身の趣味で選択するのもそのシーンに合わせて考えましょう。

 

一緒にいる相手とのギャップも不自然さを与えることもあるでしょう。

 

デートする場所や相手の服装なども事前に確認しておくこともよいと思われます。

 

若い時には、やはり自身の趣味で選択することもあるでしょうが、やはりそれなりに歳を重ねることで
自身の趣味で通すことも難しいシーンもあるでしょう。

 

周りの環境、周りの方とのギャップをより多く感じるものはやはり自身にとってもいごこちもよくないと思われます。

 

自身の趣味であり、その場の雰囲気で違和感や居心地が悪いといったことのないものを選ぶこともとくには選択としましょう。

 

思いやりの気持ちで選択といったこともあるのです。

 

自分だけがよければいいといった選択であれば、やはり立場上マイナス要素となる場合もあるでしょう。

 

相手によりきれいに・かわいく見られたい、細く見られたい・体型をカバーしたいなど要望に合わせて効果が期待できる服装もあるでしょう。

 

逆にマイナスの印象を与える服装もあるでしょう。

 

服装の形状や色・柄でさまざまな印象を与えるようです。

 

そういった効果も少し勉強し、それをもとに選択とするとよいかもしれません。

 

自身の肌色や肌質に合わせて選択することで、肌をきれいに見せる色や大きな柄を選択することで小顔効果を与えるといったこともあるようです。