男の子受けなら「ちょいダサ」がおすすめ?

デートだからといってあまりにも気合を入れ過ぎておしゃれしすぎるのは要注意です。

 

男性は彼女がおしゃれすぎることをあまり好みません。

 

自分のファッションレベルより女性が上過ぎることに気がひけるからです。

 

女子会など、女子同士の集まりならファッションカーストでトップをとるべくおしゃれに気合を入れればいいのかもしれませんが、男性向けのファッションと女性向けのファッションは根本的に違うということをふまえておいた方がいいでしょう。

 

いくらおしゃれに気合をいれたところで、男性が逐一気づいてくれるかというと怪しいものがありますね。

 

なので、誤解を恐れず言うならむしろ「ちょいダサ」くらいがデート服としてはいいのかもしれません。

 

ワンピースにパンプス。フリルのブラウスにフレアスカート。などトリッキーな女受けファッションよりも男性にとって「わかりやすい」女の子ファッションを展開したほうが好印象なのです。

 

では、そんなに気合をいれる必要がないなら気を抜けばいいのかというとそういうことではなく。

 

例えば、チュニックにレギンス。スタイルに自信のない人が気を抜くとすぐにやってしまいがちなファッションです。

 

しかし、レギンスというものの男の受けの悪さはきちんと頭に入れておくべきです。

 

男性はなぜ女性がいちいちレギンスを履くのか意味がわかりません。

 

そんなの生足に自信がないからだよと説明したところで、だったらパンツを履けばいいじゃないかと言い返されるのがオチです。

 

どうせチュニックにレギンスを合わせるのなら。ワンピースにタイツを合わせた方が好印象です。

 

さらに楽だからといってムートンブーツを合わせないように。これもまた男の受けの悪いアイテムです。